【ビジネス英語】「商談」って英語でなんて言うの?

こんにちは。

~今度こそ、英語で輝く人生を~

「企業内英語のプロ」こと

RIE SASAKI ENGLISH

佐々木理絵です。

先日、クライアントさん(Aさん)と会話をしていた時の事です。

Aさん:「最近は仕事で英語の会議にも参加するようになりました。今後は英語で商談ができるようになりたいです!」

私:「そうなんですね!目標だった社内での英語会議に参加することができて良かったですね!そして次の目標に向かって頑張りましょうね!突然ですが、英語で「商談」ってなんて言うか知っていますか?」

Aさん:「えーっと・・・、商談は英語でなんて言うんだろう・・・」

「商談」という日本語を英語に置き換えて考えた時に、そのまま訳そうとすると「え、商談って英語でなんて言うの???」となってしまう人も多いみたいですね。

英語で「商談」は、「business meeting」「business talk」と言います。

日本語に直訳すると、

「business meeting」=「仕事の会議」

「business talk」=「仕事の話」となります。

また、既に会話の中で仕事の事を話していると分かっている場合は、シンプルに「meeting」と言うことも多いです。

「商談」という日本語だけにとらわれすぎると、英語が出てこなくなりますが、「商談って何をするんだっけ?」と考えてみると結構簡単に分かったりします。

商談では、色々なことが行われますよね。

話(talk)をするだけの時もあれば、交渉(negotiation)をしたり、契約(contract)を交わしたり・・・

それら全部を含めて「(business) meeting」とだけ言えばOK!簡単ですね~^^

例えば会話にするとこんな風にして言うことができます。

  • 「We had a meeting with the client to discuss the project yesterday.」(昨日クライアントとプロジェクトについて話し合った。)
  • 「I will have a business meeting with my client next week.」(来週クライアントと商談の予定があります。)
  • 「I had to cancel the meeting with the client yesterday because I got so busy.」(すごく忙しかったので、昨日クライアントとの商談をキャンセルしなければなりませんでした。)

こんな風にして使うことが出来ます。

是非使ってみてください!

今回は「商談」という英語や例文などをご紹介しましたが、これ以外にも、「ビジネス英語で良く使う単語やフレーズ」または「シーン別で使える便利な表現」「英語を使って仕事をする上で是非知っておきたいビジネスマナー」「忙しい人にオススメな学習法」など、仕事の為に英語を効率よく習得したい人の為にメルマガ配信しています☆

メルマガ登録してくれた方には、お申込み特典として、

「公式LINEで英語学習に関する相談を無料で5回できます!」

是非この機会にメルマガ登録してね☆

↓  ↓  ↓

今度こそ、英語で輝く未来を!RIE SASAKI ENGLISH 公式サイト (1lejend.com)

【短期間で実践的に効率よく英語習得ができる秘訣をメルマガにて絶賛公開中!!】

今度こそ、英語で輝く未来を!RIE SASAKI ENGLISH 公式サイト (1lejend.com)

↑クリックして登録してね。

☆必ず成果の見える学習法が得られる7日間の無料メールマガジン☆

1話:確実に目標を達成させるためのファーストステップ

2話:自分に合った学習法の見つけ方

3話:英語学習で何度も挫折をしてしまうのは、なぜ?

4話:TOEICで高得点を取っても英語を話せない人が多い理由

5話:「私はこうして望む英語力を手に入れました!」実例紹介その1

6話:「私はこうして望む英語力を手に入れました!」実例紹介その2

7話:私がこの勉強法をオススメする本当の理由

【現在提供中サービス一覧】

オンラインレッスン

日常英会話コース

ビジネス英語コース

キッズ資格試験対策